NEW鍋!セラポット

  • HOME  > 
  • NEW鍋!セラポット
 

セラポットについて よくあるご質問

セラポットについて よくあるご質問
 
お手入れは、どのように洗えばいいですか?
気にならない程度の焦げ付きや、汚れであれば水洗いでも大丈夫です。
セラポットに重曹と水を入れて煮立たせると、汚れが落ちやすくなります。(食用の重曹をご利用ください。)また、セラポットに同梱されている[専用クリーナー]は汚れを落とすのに最適です。水を少量つけて、セラポットの焦げ付き箇所にご使用ください。
 
※専用クリーナーは使用後、水気のない場所へ保管してください。
※専用クリーナーは、G-MAXオンラインストアでご購入が可能です。
 
IH対応ですか?
あいにく、セラポットはIH対応ではございませんので、電磁調理器(IH)ではご使用になれません。
ラジエントヒーター・ガスでご使用が可能です。
 
鍋底が黒くなってきましたが、問題ないですか?
鍋底が黒くなるのは、特にガスをお使いの場合、ガスの特性上仕方ありませんが、加熱により劣化したりセラポットの機能面が劣ることはございませんので、ご安心ください。
 
 
カレーやシチューをそのまま(セラポットに入ったまま)一晩置いてもいいですか?
カレーやシチューが残った際、そのままセラポットに入れたままで問題ございません。次の日もそのまま温めてお召し上がりください。
 
1点ご注意いただきたいことは、長時間食材が入ったまま・水につけたままだったセラポットを、次に空焚き調理をする際には、<空焚きされる場合のご注意><空焚き調理・無水調理をする前に>をご参照の上、火力はとろ火で10分ほど鍋を温め、しっかりと乾燥してからご使用ください。空焚き調理の際の火力は、中火以下で加熱してください。
 
セラポット本体に水分が残った状態で、空焚き調理で急激に加熱されますと、鍋を傷める原因となり、割れる場合もございますので、適切な使用方法をお守りいただきますよう、お願い致します。
※「空焚き調理」とは、水を張らずに金網の上に食材を乗せて調理する方法です。(焼きいも、焼きナスなど)
 
目止めの必要はありますか?
セラポットは、目止めをしていただく必要はございません。
一般的な土鍋よりも高い温度(約1,250℃)で焼き上げをしておりますので、目が粗くなりません。
そのため、目止めの必要はなく、すぐにご使用いただけます。
 
※目止めとは・・・新しい土鍋で、米や小麦粉を入れた汁を煮て、表面の細かい穴をふざぐこと。煮汁や臭いが染み込むのを防ぐため。(コトバンク参照)
 
使用上の注意はありますか?
【ご使用にあたり、お守りいただくこと】
1.大量の油を使って揚げ物をするような料理には絶対に使用しないでください。
 天ぷら等の調理に使用すると油の異常高温に伴い発火し、火災の原因になる恐れがあります。
 
2.調理中及び調理後は大変熱くなります。素手でさわらないでください。
 大変高温となる場合があります。鍋つかみを使用していただくか、十分に冷めてからお取扱いいただくようお願いします。また、熱い状態でテーブル等の上に直接置かないようにしてください。
 
3.鍋本体は長時間水の中へつけ置きしないようにしてください。
 長時間のつけ置きは、鍋本体への水分を吸収し乾燥しづらくなるとともに、次に空焚き調理に使用される際、吸収された水分が一気に蒸発しようとする力が加わるため割れる場合があります。なるべくつけ置きはしないで、早めにお手入れいただくようお願いします。
 
4.セラミックス製ですが、落としたりぶつけたりすると割れたり欠けたりします。丁寧にお取扱いください。
 
5.長時間使用されない場合は、水気をよく取り乾燥させてから収納してください。
 水気をもったまま放置しますと、カビ等が発生するなど不衛生になります。
 
6.小さなお子様の1人での使用はさせないでください。
 
7.鍋に食材を入れ保存する場合、水分量の多い料理は冷凍保存しないようにしてください。
 食材が膨張して鍋が割れる場合があります。
 
 
<空焚きされる場合のご注意>~セラポットを安全にご利用いただくために~
本商品は熱に大変強いセラミックス素材を使用していますので、空焚きしても割れにくくなっていますが、使用方法を誤ると加熱中に割れる場合がありますので、適切な使用方法をお守り頂ますようお願いします。守られない場合、使用者や他の人への危害及び財産への損害が発生することもありますので厳守頂ますようお願い致します。
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
以下のような場合は<空焚き調理・無水調理をする前に>に記載の作業を行い、鍋を乾燥させて使用して下さい。
 
◯鍋を乾燥させず収納していた場合
◯煮炊きをした後、鍋本体に水分を含んでいる場合
◯汚れを落とすため洗い桶等に浸け置きしていた場合
 
このような後にいきなり空焚き加熱を行うと割れる場合がありますので、次に記載の手順に従い乾燥後、取扱説明書をお読み頂き使用して頂くようお願いします。
 
 
<空焚き調理・無水調理をする前に>
◯空焚き調理や無水調理を行う場合、鍋本体が水分を含んでおり、乾燥が必要な場合については約10分間程、弱火もしくはとろ火程度の火力で加熱、乾燥後に使用して下さい。
◯強火力またはハイカロリーの位置では使用しないで下さい。
 
~空焚き調理・無水調理前の本品乾燥手順~
 ①加熱する器具に鍋を乗せる。
 ②電源を入れ点火した後、火力を調節する。(弱火またはとろ火で結構です。)
 ③火をつけたまま10分程加熱する。
 ④乾燥後、火力を調節し調理を始める。(中火または中火以下で調理して下さい。)
 
※強火力及びハイカロリーとは・・・
 加熱する器具の火力が一番大きな状態をさします。
※中火以下とは・・・
加熱する器具の火力調節つまみまたはレバーを中間より若干弱火の位置で操作することです。
 
ご飯は何合まで炊くことが出来ますか?
セラポット深鍋で、最大7合まで炊くことが出来ます。
セラポット浅鍋で、最大2合まで炊くことが出来ます。
(具材を入れての炊き込みご飯などは、上記よりも少ない量でお試しください。)